スタッフの紹介

ふじさわプラス・テンに直接かかわっている研究者の先生の施設、および、
ご協力をいただいている施設を紹介します。

researcher-1

小熊 祐子

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科・スポーツ医学研究センター 准教授 博士(医学)
◆専門分野:スポーツ医学・運動疫学・予防医学
1991年慶應義塾大学医学部卒。同医学部内科助手、スポーツ医学研究センター助手を経て、2005年より同職(兼スポーツ医学研究センター准教授)。医学博士。公衆衛生学修士(ハーバード公衆衛生大学院2002年卒)。
◆関連書籍・文献紹介

サクセスフル・エイジング:予防医学・健康科学・コミュニティから考えるQOLの向上 小熊 祐子 (著), 富田 眞紀子 (著), 今村 晴彦 (著) 慶應義塾大学出版会 (2014/9/27)

所属先のHP▶︎

researcher-2

三村 將

慶應義塾大学医学部精神・神経科 教授
◆専門分野:認知症、もの忘れ、老年期うつ病、高次脳機能障害、頭部外傷後遺症など
◆略歴:1984年慶應義塾大学医学部卒。1990年精神・神経科助手、1992年ボストン大学医学部に留学、東京歯科大学市川総合病院、昭和大学医学部助教授(その後、名称変更により准教授) を経て、2011年より現職。
◆関連書籍・文献紹介
認知症ハンドブック
老年期うつ病ハンドブック
認知症の「みかた」
所属先のHP▶︎

researcher-3

武林 亨

慶應義塾大学医学部・健康マネジメント研究科 教授
◆専門分野:疫学(環境疫学、臨床疫学)、予防医学、地域保健・産業保健
◆略歴:1989年慶應義塾大学医学部卒、1993年大学院医学研究科博士課程修了。ハーバード大学公衆衛生大学院等を経て、2005年より医学部衛生学公衆衛生学教室教授。博士(医学)、Master of Public Health(ハーバード大学)。

所属先のHP▶︎

researcher-4

宮地 元彦

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 国立健康・栄養研究所 健康増進研究部長。博士(体育科学)。

◆専門分野:運動生理学

◆略歴:鹿屋体育大学スポーツ課程卒業後、川崎医療福祉大学助教授、米国コロラド大学客員研究員を経て、2003年より国立健康・栄養研究所に勤務。
研究テーマは、「健康づくりのための身体活動」。厚生労働省の『エクササイズガイド』や『健康日本21(第2次)』の策定などに関わるほか、テレビや雑誌、各地の講演会など多方面で活躍。任天堂『Wii Fit Plus』の開発にもアドバイザーとして携わる。
所属先のHP▶︎

researcher-5

新井 康通

慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター 専任講師
◆専門分野:老年医学
◆略歴:1991年慶應義塾大学医学部卒、2004年に英国ニューカッスル大学に留学、2014年4月より慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター 専任講師。百寿者研究など健康長寿の研究に長く携わる。
所属先のHP▶︎

researcher-6

仰木 裕嗣

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授
◆専門分野:スポーツ工学、スポーツバイオメカニクスなど
◆略歴:1990年筑波大学体育専門学群卒。1992年同大学大学院体育研究科コーチ学修士課程修了。1997年同大学院体育科学研究科博士課程単位取得退学後、SPINOUTを設立、代表に就任。1999年慶應義塾大学環境情報学部助手。専任講師を経て、2005年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科助教授に就任。2003年博士(政策・メディア)。
日本水泳連盟強化コーチ、JOCアトランタオリンピック強化コーチなどを歴任、現在は財団法人日本水泳連盟医・科学委員、JOC科学スタッフなどを務める。骨伝導スピーカーを内蔵した水泳ゴーグル、視覚障害者向け水泳のコースガイド、ゴルフスイングフォーム診断システム、水中活動量計の開発で特許を取得。
◆関連書籍・文献紹介
『スポーツデータ』共立出版、「Digital Sport for Performance Enhancement and Competitive Evolution: Intelligent Gaming Technologies」Information Science Publishingほか。

所属先のHP▶︎

齋藤さん

齋藤 義信

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科助教(有期)
慶應義塾大学スポーツ医学研究センター兼担所員、健康運動指導士
◆専門分野:健康運動指導、健康増進科学、運動疫学
2003年、日本体育大学大学院体育科学研究科博士前期課程修了。2014年、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科後期博士課程修了。博士(健康マネジメント学)。
2003年~2016年、公益財団法人藤沢市保健医療財団健康運動指導士。2017年より、現職。
◆関連書籍・文献紹介
こちら
所属先のHP▶︎

researcher-8

秋山 美紀

慶應義塾大学環境情報学部 教授
◆専門分野:ヘルスコミュニケーション
◆略歴:慶應義塾大学法学部政治学科卒、(株)仙台放送報道局、ロンドン大学経済政治大学院修士課程、慶應義塾大学大学院博士課程を経て、2005年慶應義塾大学院 政策・メディア研究科特別研究講師、2007年同総合政策学部専任講師、2010年より准教授。2012年4月より現職(環境情報学部准教授)。
地域の住民や患者さんへの医療情報提供のあり方、コミュニティ・ヘルスの分野で研究活動を行う。
所属先のHP▶︎

researcher-8

小松 浩子

慶應義塾大学看護医療学部 学部長・教授
◆専門分野:がん看護、緩和ケア、慢性期看護
◆略歴:患者中心のがん医療をめざして、患者やご家族の方々のまなざしから看護実践開発や研究をすすめる。
がん化学療法の副作用対策に対するヨガなど、身体活動の促進と心のケアをめざしたプログラムを開発している。

researcher-8

矢ヶ崎 香

慶應義塾大学看護医療学部准教授
◆専門領域:がん看護、化学療法、慢性期看護
◆略歴:がん治療を受ける患者のクオリティ・オブ・ライフの向上を目指した研究を行う。特に、患者や医療者など当事者の方々の体験からケアを開発することを大切にしている。

researcher-8

木林 弥生

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員
慶應義塾大学体育研究所非常勤講師
慶應義塾大学薬学部非常勤講師
慶應義塾大学通信教育部講師

◆専門分野:健康スポーツ一般(体育実技担当種目:卓球)
◆略歴:慶應義塾大学総合政策学部卒、外資系半導体商社、外資系半導体ベンダー勤務を経て2006年慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科修士課程へ入学、2008年修了。2009年より大学で非常勤講師を行い、学生の育成に携わる。
主な卓球戦績:
1991年全日本卓球選手権大会ジュニアの部 3位入賞
1995年ふくしま国体成年女子の部5位入賞
1996年学生リーグ敢闘賞受賞(通算32勝2敗)

researcher-8

加藤 梨里

◆専門分野:健康教育、ライフプラン
◆略歴:大手保険会社、信託銀行勤務を経て2009年慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科修士課程入学。2011年修了。ファイナンシャルプランナーとして一般家庭の家計相談・ライフプラン相談、法人での健康経営コンサルティングを行う傍ら、大学院健康マネジメント研究科にて研究に従事。

柴

柴 知里

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員

土井原奈津江

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
◆略歴:慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程修了
博士(学術)

IMG_川瀬さん

川瀬 敦子

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員

IMG_谷

谷 麻也夏

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員

researcher-8

田島 敬之

首都大学東京健康福祉学部理学療法学科 助教
慶應義塾大学スポーツ医学研究センター研究員
理学療法士
◆専門分野:運動疫学,予防医学,リハビリテーション学(運動器・代謝)
◆略歴:2009年 首都大学東京健康福祉学部理学療法学科卒業
    2014年 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科修士課程修了 修士(保健医療学)
    2019年 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科後期博士課程修了 博士(公衆衛生学)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科学生

 

IMG_伊藤さん

伊藤 智也(博士後期課程)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科 後期博士課程
健康運動指導士

阿坂 光紗(修士課程)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科
公衆衛生プログラム

小島

小島 友人(修士課程)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科
公衆衛生プログラム

新村 直子(修士課程)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科
公衆衛生プログラム

柴﨑 愛美(修士課程)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科
公衆衛生プログラム

 

 

河田 友紀子(修士課程)

慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科

公衆衛生プログラム